ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

飲み会に行かなければならないという理不尽なこと

会社の飲み会が嫌い

f:id:san100310:20170807045441j:plain

 

本日は、会社の飲み会があります。

朝から、憂鬱なのです。

 

本来、私は気の知れた仲間と、わいわいするのは大好きな人間です。

 

だけど、上司に気を使いながら、気を張って飲むお酒なんて美味しくありません。ただただ無駄な時間を過ごしているとしか感じないのです。

 

これも仕事のうちと思って、割り切って参加していますが、どうにかならないものかと、飲み会の度にいつも感じてしまいます。

 

飲み会の参加に強制力はないが

会社が、残業代を出して尚且つ、飲み会代を支払ってくれるのであれば、それは仕事として、仕方のない事だと受け入れられるでしょう。

 

結局お金を払うのは、自分じゃありませんか。

 

百歩譲って、上司や先輩が全て奢ってくれるなら、まだましだとは思うのですが、それでも結局、時間を拘束されます。

 

飲み会に参加しないといけない義務はない。

 

就業時間以外は拘束される言われはありません。

 

だけど、実際、断るのってなかなか難しいですよね。特に歓迎会、送別会の類はね。

 

私は基本的に嫌なもんは嫌というタイプです。それでも全ての飲み会を断り続けるのは、会社で孤立してしまう恐れもありますし、コミュニケーションを取るのも大事だとは思います。

 

だから私の場合は、3回に1回くらいは、断るようにしています。手っ取り早いのは、体調が悪いと伝える事ですね。(実際に気分が悪いのも体調不良のひとつだしね。)

 

飲み会嫌いは損をしている可能性もある

これは、飲むことで関係性が深まるというのは、やはりあると思うからです。

 

流石に、歓迎会や人事異動等の送別会で、行きたくないという訳にはいかないでしょう。

 

新人歓迎会に新人がいないとなれば、恐らく会社生活に支障をきたすはずですね。

やはり、新人は最初は可愛い奴だって思われた方が、得をするのは間違いないです。

 

プライベートの一環という思想が理想

【行きたくないから行かない】仕事とプライベートはきっちり分けたい。これは、すごくわかるし私も、そうありたいと願います。

 

ただ、やっぱりなんでもかんでもプライベートを主張してしまうのは問題があって、会社の中で生きていく以上は、必要だと思います。人間関係を形成するというのは、実は仕事が出来る出来ない以上に必要だったりしますからね。

 

実際、仕事が出来る人が上の立場になるのかと言えばそんなことはなく、大事なのは、むしろコミュニティー能力や、リーダーシップを発揮できる人ですからね。

 

私は飲みに行く事自体は好きです。会社の人であろうが、プライベートな付き合いだってありますし、それを仕事の延長だとは思っては、いません。

 

本来、飲み会ってそういう場でありたいもんですよね。プライベートを侵害されているのではなく一環と思えるような楽しい場だったら、理想的です。

 

禁酒・禁煙者にとって拷問でしかない

わかりました。私が朝から憂鬱なのは・・・

 

禁酒・禁煙中だからですよ!そお、間違いない。

 

私の場合は、本来好きなものをやめている状態、我慢しているという感覚、そしてドケチな精神の為、今迄の飲み会の場では、

 

『いっぱい飲まな損や。』

 

と、アホみたいに飲みまくっていたんですから。

 

そんなおっさんが、今回は大人しく酔っ払いの愚痴を聞き入れる状況を考えただけで、身震いがします。

 

禁酒中、もともとお酒が飲めない人にとって、飲み会は、そりゃ地獄だわ!

 

結局余裕がないんでしょうね、心も時間もお金も・・・飲み会を楽しいと思えるような、そういう会社生活を送れている人は素敵だと思います。