ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

ギャンブルの甘い罠

ギャンブルに絶対はない

f:id:san100310:20170806111458p:plain

競馬で勝つ為に、色々な策を講じてきたつもりです。

そのうちの一つが、【生活を揺るがすようなお金を賭けてはいけない。】

それでも、魔が差したかのように、有り金勝負をしたくなる、そんな瞬間があります。

 

ギャンブルには絶対が無いと頭では、わかっていながらも、全てを懸けて勝負をしたくなる、そんな瞬間がギャンブルの世界であり、醍醐味とも言えますからね。

 

人生に一度位、心臓が喉から飛び出そうな位の、ドキドキを経験するのも悪くはないでしょう。

 

但し、その結末は破産です。

 

私は、乾坤一擲(のるかそるかの大勝負をする事)で、勝利した経験があります。

 

まさに全財産を賭け、生き残った瞬間の高揚といったら、それはもうとんでもないです。人生に勝ったと言わんばかりの、歓喜なのです。

 

だけど、そんな経験をしてしまえば、脳が許してくれないのですよ。

 

いずれまた、同じような大勝負をします。あの快感をもう一度味わいたくなるのです。勝ち続けない限り、どこかで大きな痛手となるのです。

 

ギャンブルに絶対はない・・・私がレートを一定にして貫こうと決めているのはこの為です。

 

それは突然やってくる

私はもう一発勝負はしないと決めているのに・・・

 

心が、もの凄く揺らいでしまいました。

 

それは、本日2017年8月6日、小倉2R未勝利戦。

 

締め切り10分前、私が確勝級と思っていた馬は単勝2番人気、単勝は5倍を超えている。思わず、日頃お世話になっているブログ読者様に、メールで連絡しました。

 

「小倉2Rの6番のオッズ、美味しいですね。」

 

正直単勝1倍台で仕方ないと思っていたのです。14頭立てで、過去に2着になった事のある馬さえいません。6番のウニオミュスティカは、まず3着以内に入着するとしか私には思えなかったのです。

 

それが、この馬柱。

f:id:san100310:20170806114125p:plain

 

締め切り10分前の段階で6番のウニミュスティカの単勝5倍を超えていました。対して、7番のメイトサンの単勝オッズは2.7倍、7番のメイトサンが1番人気というのは、もの凄く違和感があったのです。全4走着外の未勝利馬、1着とのタイム差は1秒以上、人気になる要素としては騎手位しか思い浮かびません。

 

メールで、「昔の私なら、6番の単勝10万円と複勝30万円勝負です。」と送信しました。実際に、やっていたと思います。

 

私は主観での勝負は、もうやらないと決めていましたが、賭けたくて仕方がない状況に陥りました。

 

恐らく、7番に高額投票が入っています。単勝1倍台と思っていた馬が5倍も着くなんて、そうそうある事ではない。千載一遇のチャンス・・・

 

・・・( ゚Д゚)

 

このチャンスを、みすみす見逃していいのか?

 

締め切り5分前、私と同じふうに感じた方が多かったのか、これまた一気に票が入り、今度は6番のウニオミュスティカが1番人気に躍り出ました。

 

ここで、やっと私は、我に返ったのです。

 

レースの結果はいかほどに

な・な・なんと、7番のメイトサンはスタート良く先頭に立ち、そのまま押し切って1着、そして私が絶対を感じた6番のウニオミュスティカは、なんと4着。

 

後方待機から末脚はひと際、目立っていましたが、これが騎手の差なのでしょうか。

纏めて差し切りそうな脚ながら、脚を余しての4着。

 

もし大勝負して賭けていたら、しばらく立ち直れないでしょうね。少なくとも3着以内には入ると思っていましたし、数年に一度のチャンスとさえ思った位です。

 

【乾坤一擲は破滅する】と肝に銘じていたからこそ、勝負せずにすみました。

 

結局、私が賭けたくなった馬は1番人気になってしまったのでなおさら、賭ける意味合いはありませんけどね。

 

それにしても、メイトサンお見事です。私では知りえない何か

 

が、あったのかと思う位の違和感のある勝ち方ではありましたけどね。

 

主観的予想ではあらためて勝てないと悟った

私には、ギャンブルのセンスはありません。馬を観る目もありません。

 

そんな私が、末永く競馬と付き合い、さらに勝ち組を目指すには、やはり徹底したルール作りと、一定のレート、そしてぶれないメンタルが必要です。

 

今回、どうにか自分ルールは守れました。

メンタルは、まだまだだと思いました。もし大勝負して勝ったとしても、結局また

それを失うまで、繰り返すんだと思います。

 

それを実証するレースとして忘れないでおきます。

2017年宝塚記念、絶対を感じたキタサンブラックが着さえ取れなかったように・・・

 

ギャンブルに絶対はありません。【乾坤一擲はやってはいけない。】それをしっかりと認識し、賭け続けられる一定のレートで、これからも競馬とつきあいます。さもなくば、破滅が待っていると認識しましょう。