ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

時間がないという言い訳をせず時間を確保すると考える

心に安らぎを感じる時間がないサラリーマン

f:id:san100310:20170725225848j:plain

私は、サラリーマンであるがゆえ、仕事以外の時間は休憩中と思っています。次の仕事の合間であって、自由ではなく手待ち時間と言えば良いのでしょうか。

 

仕事に対して特に責任感を持っている訳ではないのですが、現実的に仕事に行く為には睡眠を確保する必要があります。いつまでも、ゲームやってたら、次の日が大変。

 

なんというか、常に何かをしなければならないという、サラリーマンに支配されている人生なのです。いつまでたっても終わらない宿題が延々と続くような息苦しい感覚。

 

逃げ出したい、行きたくない、こんな気持ちで後何年サラリーマンを続けなければいけないのか・・・長い懲役だな・・・・

 

現実逃避の日々が延々と続く

私はサラリーマンから抜け出せる可能性を見出す希望の光として、このブログをスタートしましたが、幾度となく挫折を繰り返しました。

 

【こんな事してたって何も人生は変わりゃしない。】どこに向かおうとしてるのか、何をしようとしてるのか自分でもサッパリわからない状況でした。

 

ただでさえサラリーマンという苦しい毎日、帰れば嫁に子供の世話を手伝えって言われます。私には、3歳になる娘と、まだ産まれて7ヶ月になる男の子がいます。

 

休日には家族サービスだってしないと・・・私は子供と全力で遊びたいって常々思っていますよ。だけど現実的に、身も心もいっぱいいっぱいなんです。

 

こんな状況下では、何をやってもまともに継続できません。時間を確保する術を知らなかったのです。

 

時間を確保する為に行った2つの事

テレビを見るという習慣を捨ててみた

私が家にいるのは決まってリビングです。そしてソファーに寝そべって目の前にある50インチのテレビを見るのが習慣となっていました。テレビは結婚してすぐに、妥協せず良いものを購入しました。なぜなら私は家にいる時は、テレビを見て一日の大半を過ごしていたからです。

 

習慣というよりも、家にいる時は常にテレビがついている状態があたり前なんです。テレビがついているのが常なので、つけないと不安になるのです。

 

落ち着かないというか、寂しいのか?よくわかりませんが、目的もなくダラダラとテレビを見続けてしまいます。

 

それでいてテレビを見ている時は、嫁様が話しかけようとも気づかない位に、集中してしまうので、よく怒られます。私にとってテレビを見ている時間は、嫌な事を忘れられる現実逃避タイムでもあった訳です。

 

ブログを継続出来ないのは、時間がないからだ、、、ああ、忙しい毎日だ。。。

 

いや、けっこう本気でそう思っていましたよ。

 

そりゃ、ずっとテレビを見ているんだから、【時間がない】なんてのは、言い訳に過ぎないというのは分かっていました。

 

まあ、平均して一日3時間程度はテレビを見る時間に使っていたと思います。これって1ヶ月続けると、3×31日で93時間、1年なら3×365日で、1095時間。

 

これは日にすると、45日にもなるのです。時間がないという言い訳をする前にまずテレビを見ないだけで、私には年間で45日分もの時間が確保できてしまうんです。

 

この時間を、だらだら目的もないテレビに使わないで、【自己の努力】の為に使用してみたら、人生変わってしまうと思います。

 

これならブログ書けるし、読書したり、目標の為に何かを得る事だって出来るでしょう。

 

テレビを見るのが全て悪いとは言いません。だけど私はテレビを見るよりも大事なことを、きちんと見つめなおそうって思ったのです。

 

睡眠時間を削ることが出来れば時間の確保に繋がる

短眠、いわゆるショートスリーパーに憧れたことがありました。そもそも私は、サラリーマンになる前は、ギャンブルばっかり(主にパチンコ)していて、寝る間を惜しんで遊んでいましたし、寝るという行為そのものが好きではなかったのです。

 

サラリーマンの生活に慣れ切った30代頃から、寝る事は、これまた現実逃避のひとつになってしまっていた訳ですね。寝るのが好きという表現はしたくなかったのですが、寝ている間は仕事から離れられる訳ですし、嫌なことを考えずに済むので、寝る時間は日に日に長くなっていきました。

 

こんな人生は嫌だ・・・

そう考えた私は、

 

自己啓発の為に時間を確保しよう。睡眠時間を極力減らせないかと考え、呼吸法や食事により身体の負荷を軽減し、3時間の睡眠で生活を続けるスタイルを目指したのですが、首、肩の凝り、頭痛が酷くなるばかりで、自分には無理だと早々と諦めました。

 

ただ、そこまで睡眠時間を減らさず、朝2時間だけ早く起きるようにしたのです。

私は平均して8時間程は寝ていましたので、現在は6時間睡眠ですが、これならば問題なく今の所、継続出来ています。

 

これで、テレビと合わせると5時間もの時間を確保できた事になります。

 

自分にとって本当に大切なものは何かを考え、その為の時間を優先すれば時間がないというのは、言い訳だと気付くはずです。