ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

ギャンブルで勝つ為に私が出来る事

私は、なぜギャンブルが好きなのだろうか

f:id:san100310:20170709111054j:plain

まず前提として、【楽して儲けたい】というのが私にはあるのです。

 

お金に対して、楽して儲けるなんて考えるもんじゃない、お金は汗水たらして働いて手に入れるもの、辛い仕事に耐えてこそ給料を貰えるんだ、苦労の結晶がお金。

 

このような親父世代の価値観を、うえつけられるのは、まっぴらごめん。

 

決めつけられるのが私は、大嫌いなのです。

 

親父に『お前は苦労が足りない。』って言われたことがあるのですが、そもそも苦労なんてもんは、好きでやる必要なんて全くないと私は思うのです。

 

自分がやりたいことで、その壁を超える為の苦労であれば価値はありますが、わざわざ苦労する人生を選択するなんてのは愚の骨頂でしょう。

 

ギャンブルでお金儲けしたいって思ったっていいじゃんか!

 

私が、ギャンブル好きなのは結果がはっきりと分かりスッキリする所です。

 

そして、ここで言うギャンブルとは、運の要素しかないものではなく、自分なりに攻略出来る要素があって、選択できるものである事。

 

ですので、宝くじは、私はやらないのです。これって、運の要素しかないと私は思っているからです。

 

自分の思考が結果に影響を与えていると実感できたときに、【ギャンブルで勝つ】は、最高の気分をもたらしてくれるのです。

 

その最たるものが、今の私にとって、競馬なのです。

 

サラリーマンのような刺激のない日々に、エッセンス、いやスパイスを与えてくれる、無くてはならないという位置づけになってしまいました。

 

人生を賭けて、競馬と共に歩んでいくと決めました。

 

ギャンブルで勝つ為には確率を重要視せよ

ギャンブルなんて、すべては運でしかありません・・・

 

もしこのような捉え方をしているのであれば、私の言う何らかの攻略の仕様がないので、私はギャンブル好きとは言えなくなってしまいます。

 

ギャンブルにおいて、運の要素はとても大きなものであるというのは、否定しません。

 

但し、ギャンブルで勝つ方法を考えた時に、運ばかりを述べるのはナンセンスです。

 

運がいいから、ギャンブルに勝つのではなく、ギャンブルに勝ったから運が良かったという捉え方なのです。

 

ギャンブルに勝つという点において、最も大事なのは、確率を意識する事だと私は、数々の経験から学びました。

 

少なくとも、【確率】

 

についてしっかりと、勉強しておかなければ、大事なお金を賭けて勝負するべきではないのです。

 

私の友人で、滅法ギャンブルに強いやつがいるのですが、そいつのギャンブルに対する考えの中で、

 

自分が勝率50%以上あると判断した場合のみ勝負する、それ以外は賭けに参加しないと言っていたのを聞いた事があります。

 

これが、ギャンブルに勝つ方法かどうかは別として、ギャンブルで勝ち越している友人は、常に確率を意識しているということです。

 

確率を意識し冷静に判断する眼を養いましょう

簡単な質問を、してみますね。

 

あなたなら、どう判断するでしょうか。

 

あなたの目の前に箱があります。上に穴が開いてますが中身は見ることが出来ません。

 

箱の中には銀色のパチンコ玉がいくつか入っているのですが、その中に金色の玉が少数混じっています。

 

あなたは、箱の中に手を入れて、金色の玉を引く事ができたら勝ちとなります。

 

但し箱は2つあります。どちらかの箱から1回しか引くことは出来ません。

 

箱の中身は、それぞれ違います。

 

箱① 銀色の玉が10個入、そのうちの1個が金色の玉。

箱② 銀色の玉が100個入、そのうち8個が金色の玉。

 

さて、どちらの箱を選びますか?

 

あなたが、ギャンブルについて学んできた方であれば、①を普通に選ぶと思います。

 

期待値という考え方は、まず確率を導いてナンボの世界です。

 

確率を考えた場合①は、10分の1ですので10%ですね。対して②は、100分の8ですから、8%です。

 

ですので、確率を考えれば、選ぶべきは確率の高い方である①の箱なのです。

 

もし、ここで迷いなく②を選んでしまった方は、当たりの数が多いんだから、引き当てる可能性も高いと判断してしまっているわけですね。

 

ギャンブルで勝つ事において確率を意識するのが重要な訳ですから、きちんと確率に目を向ければ、どちらが有利かと言う判断は出来ますよね。

 

期待値に従って継続すれば、確率は収束していく

賭けに対してのリターンの平均値が、プラスであれば長期的には収支がプラスになるはずです。

 

私が競馬に求めているのは、こういう事なのです。そういう意味では、ギャンブルという表現と感覚は少し違うのだと思います。

 

運任せではなく、期待値を積み重ね、長期的な視点(年間単位)では、まず負けないという状況を確立したいと考えているのです。

 

確率を制し 競馬で勝てるようになる 私の人生のテーマです。