ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

今日から私は人生を変える 自分を変える為には、まず現状を受け入れる事

時は待ってくれない すぐ行動しなければ人生は変わらない

f:id:san100310:20170623113018j:plain

 

目標を掲げ、気合を入れてこのブログをスタートさせたつもりです。

 

ところが、ある事情がきっかけで、放置状態になってしまっていました。

 

正直、ブログの機能さえ忘れてしまっている自分がここにいます。

 

ずっと頭の片隅で、ブログをどうにかしなければという思いはありました。

 

そうこうしているうちに、あっという間に月日は流れ・・・

 

前回のブログ更新日を確認したら、2017年、3月9日でした。目標のひとつであった禁煙について述べていたようです。

 

なぜ、ブログを放置してしまっていたかと言えば、これまた目標の一つであったダイエットを挫折し、逆に暴食をくり返していたからです。

 

散々、偉そうな事を言っていたのに、恥ずかしくてブログで報告どころか、完全に逃げてしまっていたのです。

 

自分を変える為に、覚悟をしたはずなのに・・・何故、いつもこうなのか?やっぱり私には何も成し遂げる事なんて出来ない・・・もう、どうでもいいや・・・

 

そうこうしているうちに、もう3ヶ月以上も経っているのです。また、【いつかやればいいや】

 

こりゃ、人生を変えるどころか、人生が終わってしまいます。

 

時間は待ってくれません。とにかく行動しなければいけません。わかっているはずなのに、私はまた、元のぐうたらな自分に戻ってしまっていたのです。

 

失敗はしてもいい だけど同じ過ちを繰り返してはいけない

私は、目標を掲げても、すぐに挫折してしまいます。モチベーションがあがった瞬間、もの凄くやる気になるのですが、楽な方に逃げようとしてしまうのです。そして、いつしか目標そのものさえ忘れ、現実逃避の日々の繰り返しになるのです。

 

失敗をしたのであれば、そこから学び他の方法で挑戦しなければ、待っている結果は同じです。

 

アインシュタインの言葉に、「同じことを繰り返しながら、違う結果を望む事、それを狂気という。」というのがありますが、私がやってきた事は、まさにこの言葉通りなのです。

 

やる気と、現実逃避の繰り返し、本気さえ出せばどうにかなるという思考、それでは何も成すことが出来ないという事に、もういい加減気づけよという段階に来ました。

 

大切なのは、努力するひたむきな姿勢

私は、どうすれば楽になれるか、楽に生きれるかばかりを考えて過ごして来ました。何かを成し遂げる為に必要な事ではありません。

 

成果を出す為に必要なのは、「努力するひたむきな姿勢」

 

これが真理なのです。聞き飽きてしまう位、「努力」ということは、多くの方が言ってきた事です。だけどそれは、自分にあてはめて真剣に考えているかといえば、そんな事はなく、むしろ「努力」という言葉さえ、好きではありませんでした。

 

なんせ、わたしの家訓は「緩く、優しく、楽しく」ですからね。これはこれで、人生を明るく生きる為に必要な事だとは思います。だけど、何かを成し遂げる為に、努力なくして達成するなんて、仮に一時的にうまくいったとしても、継続できるとはとても思えないのです。

 

現状を把握し、自らを受け入れ信じる

諦めた地点で、全ては終わってしまいます。どんな状況になっても、決して諦めない。その為には、とことん自分を信じ切る事です。だからこそ自分との約束を守るのです。自分に嘘をついては、決していけない。

 

自分を知るというのは大事です。そして自分の強みを探すというのも大切です。まずは、自分が出来る事に目を向け、コツコツと継続する事、そうすればいつしか自分はできないという思考ではなく、【私は、やればできる】という思考に繋がっていくはずです。

 

感情に左右されずに、ただ淡々と継続する

【努力、継続を一貫して貫く姿勢】

 

私に大きく欠落していた事です。この貫くという姿勢が出来ていないと、「やる気がでない」「なんだか忙しい」「面白くない」という場面に直面した瞬間に、モチベーションが下がり、実践する事を放棄してしまうのです。

 

そして、その全てを、やらない・できない理由にして、逃げてしまうのです。

 

私が、何も成しえなかった理由がはっきりとしました。

 

別に、やらなかったからって困らない

別に、普通に生活していくのに、別に目標がなくたって、ダラダラとした生活を続けていたって、生きていけるんですよね。なので、どこか気持ちの中では、本気になりきれていないところがあるんです。

 

私の場合は、人は皆、どうせ年老いて死んでいくだけ・・・という思想がどこかにあるのです。

 

成功者と呼ばれる人物がいます。なんで、同じことを目標にしても、うまくいく人といかない人がいるのでしょうか?

 

それは、ひたむきに努力するという事を、一貫して貫けないからです。それが、別にそれをしなくても生きていけるという感情なのでしょう。

 

完全崩壊な状況を逆にチャンスだと捉える

私は、本格的にブログを再開します。そのきっかけとなったのは、大いなる挫折によるものです。私が人生を賭けて取り組んできた事項で、どうしようもない程に、たたきのめされたのです。

 

悔しくて苦しくて、落ち込み、生きる気力さえ失いかけていましたが、考え続けた結果、私にとって最高についていると思える感情に変化しました。

 

最悪な状況と思った事が実は、大きな気づきでありチャンスだったのです。

 

簡単に人は変われない だが意識する事で変えていける

そういう訳で、ブログ放置という発信者としては、一番やってはいけない事を、悪気もなくやってしまっていたという、まさに現実逃避なサンペリドンと名乗るおっさんですが、

 

これからは、【努力するひたむきな姿勢を一貫して貫く】のを人生のモットーとして、生きていくと決意しました。

 

今日から、新しい人生です。

 

人生に遅すぎるということは、ありません。人生で今が一番若いのです。