ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

ギャンブルは競馬一本で行くと決めた心構え

競馬において自制する事ができない

f:id:san100310:20170222231912j:plain

 

私はギャンブルばかりやってきましたが今現在はピタッとやめているのです。もうそこまでギャンブルにこだわる理由さえないのかも知れません。私は今までやってきたギャンブルにおいて自分なりに攻略し結果には納得しているのです。

 

 

ギャンブルに勝つにはメンタルが重要ですし色々と学んできました。それは期待値を追うという形で実践を継続する事で養えたと思っていたのです。

 

ところが、競馬においては長い間、自制が効かなくなってしまう自分がいたのです。

 

なぜか競馬に限っては全て崩壊してしまうのです。自分では学んだつもりになっているだけで結局同じ事を繰り返してしまうのです。主観的にこの馬は絶対だと思ったら「有り金全部いったる!」というシーンが多々ありました。

 

私は競馬において、自覚が足りなかったのです。主観による予想で勝てると思い込んでいたのです。私は博才があると思っていたんです。特別な存在だって言い聞かせていたんです。全て間違っている事に気づくのが遅すぎました。

 

【目次】

 

馬券術を構築し今迄の負けを全て取り戻す

f:id:san100310:20170222234001j:plain

 

20年余りも競馬で勝つ為の研究をしてきました。理想の形まであと少しの所まではきているという自負があります。揺るぎないメンタルで挑むには、自分がとことん追求した形が必要です。自分ができる事をやり切ったのであれば、もはや悔いはありません。現在、馬券術としての母体は完成しており検証を繰り返している所です。

 

ただし実践するにあたり決して忘れてはいけない事、マインドの面においてぶれる事ないようここに記しておきたいと思います。

 

忘れてはならない心構え

  1. ギャンブルの怖さを知れ 競馬はギャンブルである。ギャンブルの怖さとは欲望の歯止めが効かなくなってしまう事と認識せよ。
  2. 競馬において、賭金、回数共に制限がなく勝てば勝つ程欲望は大きくなってしまう。儲かったお金はたんなる次の軍資金となってしまう。軍資金とレース単位の賭金は一定とする事。年間単位で無理のない資金マネジメントをする事。
  3. 競馬で勝ち続ける為に最も必要な要素は自制心である。
  4. 主観や欲を排除するのに最も適しているのは徹底したルール作りである。一定のルールを貫く事で理性を保ち、メンタルがぶれないと心得よ。
  5. 自分の馬券術において中途半端な状態で決してやらない事。統計と仮説と検証において納得のいく結果が出たのであれば、もう迷いは捨て貫き通す事。

 

以上の5点を、しっかりと理解し忘れぬよう肝に銘じておきます。

 

これは私自身がもう競馬で狂ってしまわないよう、自制心をしっかり保てるようにするための心得な訳です。ギャンブルに勝てる人ってのは【自制が出来る人】私は今もそれをヒシヒシと感じているのです。

 

博打は一本を極めればそれでいい

競馬一本、それだけをとことんやってやろうと思います。20年余りも負け続けこのまま終わる訳にはいかないのです。私は、パチンコ、スロットであれば今でも勝てる自信はあります。ですが、もう興味はありません。

 

競馬で確固たる馬券術を構築し、競馬の勝ち組になる。

 

1000万円の軍資金で競馬をする・・・そう考えるとゾクゾクします。その時の為に今は色んな事をやってメンタルを鍛えておこうと思います。全ては競馬で勝つ為に!

 

メンタル、メンタル、もちろんそれだけじゃ無理

私は競馬で勝つ為の方法論を確立する為にいろんな角度から取り組んできたのですが、未だにたどりつけていないのです。競馬において期待値という考え方で挑むためには、まだまだ勉強する必要がありそうです。現在は競馬における、優位な要素と不安な要素の観点から馬券術を構築しています。

 

例えば、【馬体重】という要素を見るとします。重い方が優位、軽い方が不安、芝、ダートでの馬体重の差はどう影響するのか?良馬場、重馬場での違いはあるのか?馬体重と距離別の関係は?という感じで、馬体重という要素は、優位面と不安面があるのかどうかという統計を過去のレースにわたって仮説を立てます。

 

これは一般的になっている要素ですが、ダートであれば馬体重500㎏以上の馬と450㎏以下の馬を比較すると明らかに500㎏以上の馬が優位です。

 

このような感じで、優位要素と不安要素を照らし合わせ、優位な要素が多い馬をルールで探すという感じです。この優位な要素というのは、できるだけシンプルな方が要素の抽出はしやすいです。過去の統計からの仮説が間違っているというパターンがあまりに多いので、私は失敗ばかりなのかも知れません。

 

有効な優位性と不安をみつけられるか

一般的に競馬ファンが知っている優位な要素だけでは差がつけられませんから結局控除率によって負けてしまいます。例えばリーディングジョッキーなんてのは確かに勝率は良いのかも知れませんが、期待値という意味で優位とは言えません。

 

このバランスがとても大事ですね。優位な要素を持っているのに、おいしいオッズというのが期待値を追うという事なのですから。

 

もし、他人が知らない何らかの優位性を見つける事ができたとしたら、競馬で勝つ可能性はぐっとあがりますね。私は今の所、これは明らかだといった優位な要素はみつけられていませんが、不安要素はみつける事ができています。例えば一番人気馬が、この不安要素を持っていれば、その馬を馬券対象から外すだけで、理論上の期待値は大幅に上昇するのです。

 

優位な要素と不安、期待値を導き出せるよう精進します!

ゴールは、すぐそこだ!