ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

禁煙するために何をするべきか?

そもそもなぜ煙草を吸うのか?

f:id:san100310:20170206204157j:plain

 

どうも、サンペリドンです。

 

このブログを通しての目標のひとつ、それが煙草をやめるという事なのですが、まずなぜ煙草を吸うようになってしまったのでしょうか?

 

sandhappy.hatenablog.com

 

身体に悪いってのは子供の頃から聞かされてきましたし、誰かにすすめられたわけでもない・・・最初は単に好奇心だったような気がします。煙草ってちょっと悪で、なんだかかっこいいっていうイメージもありました。高校1年の頃、初めて吸った煙草はラクダマークのキャメルってやつだったと記憶しています。当時は自動販売機で簡単に買える時代でした。

 

公園のベンチに座り、煙草に火をつけこわごわ吸い込んだ瞬間に、思いっきりむせました。

 

「こりゃ、ひでーくっそまず!」

 

印象は確かこんな感じだったと思います。だけど、とりあえず1本吸いきってみた。そしたら、頭がクラクラってなってへたりこむようにベンチに寝そべってしまった。

 

煙草との出会い・・・

 

気持ちわり~なんで、こんなもん吸うんだ?【もう2度と吸ってはならんもの】そう思ったのに、私はその「クラクラ」をまた経験したくなってしまっていた。

 

そしてそれから煙草依存症になる迄、多くの時間はかからなかったのです。

 

何度やめても、また吸ってしまう

煙草なんて、身体に悪いしお金もかかるし無駄だってわかっているつもりです。だから何度もやめようとしました。だけど結局吸ってしまう・・・いつでも本気だせばやめれると思っています・・・私って、基本こればっかりだな。。。

 

あの~、100個以上ライター捨ててますからね、アホすぎ、、、

 

煙草のメリット(かってに思っているだけ)

  •  食後の一服は、まじうまい!
  • 何か一段落した後に、落ち着いた気分になる
  • 休憩していると意識できる
  • 酒、ギャンブルのお供として、つまみとして相乗効果を発揮する

 

煙草のデメリット

  • 口くっさ~
  • 毎日約500円はもったいない(年間18万円)
  • 身体に悪いという罪悪感
  • 副流煙で他人に迷惑をかける
  • 肌に悪い、体臭が絶えず煙草臭い
  • 煙草を吸う機会をうかがう、場所を探すという思考でめんどう
  • すぐ息切れ、慢性的に喉が痛い、ガラガラ
  • 鼻毛が、凄い気がする、煙はなからもわ~
  • 吸えずにイライラ(長時間の会議等)

 

煙草は百害あって一利なし?

私は煙草自体、本人にとってかけがえのないものならば別に吸っていいと思っています。一利なしとは思いません。ただ、メリットとデメリットを考えた場合、どう考えても私には圧倒的にデメリットしか思い浮かびません。

 

だったらやめようよ。。。わし。。。

 

うん、やっぱりやめるべきだね。間違いない。

 

なんでやめられないの?

私の場合は、きっと常に一緒だったという思い出があるのでしょうね、特にギャンブルと酒と煙草ってのはセットでした。私の高揚アイテムといった所でしょうか?あってあたり前になっていた。いざ離れるのは未練がある・・・なんだか寂しいんですね。怖いんですね。後は、ただ習慣でしょう。

 

こんな事言ってますが、結局の所、最大の理由は「ニコチン中毒」

 

脳がやられているだけなんですね、麻薬とか覚せい剤とかと、まあ同じようなもんです。脳はニコチンによって快楽を得る事を覚えました。

 

脳の欲求に私は応えていただけです。脳が依存レベルになってしまったら、もう精神力だけで対処するのは困難です。だから、やめたくてもやめられない依存症という状況に陥ってしまうのです。

 

私はどうやってニコチンを断ち切るのか?

実は、本日2017年2月6日(月)朝9時に、私は公園のベンチに座って煙草とお酒を楽しんでおりました。これで最後と自分に言い聞かせながら・・・

 

だけどすでにニコチンを欲しています。今日から禁煙宣言!だけど一生とは申しません。まずは1000日間やめます。私は心から煙草をやめたいと思っていない部分があるのです。1000日経ってからまた考えます。

 

代用品は使わない

ニコレットとか、薬には頼りません。ピタっとやめる事による禁断症状やストレスは何度も経験しているのでわかっているつもりです。私の場合、今度はその代用品がやめられなくなる危険があります。

 

1本吸ったら全て終わり

ちょっとだけ、一口だけ・・・これでまたニコチン中毒に逆戻りです。

 

1日、1日の積み重ね

とにかく多くは考えずに1日1日を大切に積み重ねます。

 

こんどこそ負けるもんか!