ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

目標達成する為に私がやる事

f:id:san100310:20170127000055j:plain

何をしても続かない私が目標達成するにはどうしたらいいの?

私が、少年の頃に抱いたプロ野球選手になって世界一のホームラン王になるという夢は、スタート地点にさえ立てずに失敗しました。今思えば、光の部分しか見ていなかったのです。そこに辿り着く為に、何が必要か知る由もなかったんです。

 

今の私から見れば、プロ野球選手にならなくて良かったと思っています。影の部分を受け入れられるとは到底思えませんし、本当に野球が好きでやりたかった事なのかと問われれば、そんな事はないと言うしかありません。

 

私は、同年代という事と、高校野球時代にほんの少しつながりがあったので、イチロー選手に関心があり、生き方から学ぶ点は多いです。心のメンターとして崇めています。

 

プロ野球選手を目指しその上目覚ましい活躍を遂げたイチロー選手、対して夢破れギャンブルにどっぷりとつかった人生を歩んできた私サンペリドン、比べる地点でおこがましいけれども、それでも同じ人間です。

 

天才と言ってしまえばそれ迄ですが・・・イチロー選手は努力した結果、何かができるようになる人のことを天才と言うのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力せずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。と述べているのです。

 

自分は努力の天才だと言っている訳ですね。

 

努力したからといって必ず成功するとは限らない、だけど成功した人は少なからず努力している、そういう事だと受け止めています。

 

目標を達成する為に努力する事を受け入れなくてはいけないのです。

 

目的・目標が何なのか、明確にする

まず、自分が何の為に、何がしたいのか?それはイメージ出来るものか?気持ちはどうでしょう?高ぶるものはありますか?ありありと明確に設定するというのは目標を達成する為に重要な第一段階です。

 

そうでなければ、自分が何をすればいいのか分からないですからね。目的意識を持つ、まずはそこから全てが始まります。

 

やる気を継続するにはどうしたらいいの?

目的、目標を持って、「さあ、やってやるぞ!」この瞬間こそとても大事です。なぜならモチベーションが最大に上がっているからです。もしこの瞬間の意識を維持できるのならば、たいていの目標は達成できるはずです。

 

ところが、人の思いは永遠ではないのです。気持ちってずっと同じではありませんし、日によって、体調だって違います。考え方も価値観も一定ではない上、忘れてしまうんです。ですので、やる気というのは上下するとあらかじめ受け入れておくのです。そしてやる気を維持する為に、習慣が大事なのです。私がやる気を維持する為に、効果を感じている事を3つ紹介しますね。

 

気持ちよく起きる

一日の始まりの心構えって大事、それなのに「あ~もっと寝ていたい、だる~っ」って思ってしまっていませんか?寝起きは脳がリフレッシュされると共に感情が潜在意識に届きやすい状態になっているのです。

 

どうせ起きなければいけないのですから、気持ちよく起きてみましよう。その時に有効なのが、繰り返す言葉です。私はまず気合をビシっと入れると共に「ぐっすり寝れた。目覚めよく気持ちいい!今日も素敵な一日が始まるね!」と発するのです。これを習慣化させると起きた瞬間に本当に身体が軽くなったように感じるのです。毎日起きる瞬間に気分が下がっているのと上がっているのでは一日のスタートも気分も全然違いますからね。

 

毎日繰り返す事で、潜在的にワクワクが増え、自然と頑張れるかも知れませんよ。

 

筋力トレーニングをやってみる

やる気ホルモンと呼ばれるテストステロンという男性ホルモンは、高揚や快楽を感じるホルモンであり、やる気の向上につながるという事です。

 

このホルモンを活性化させるのに、集中して強度のある運動をするのが効果的とされています。ですので筋力トレーニングを習慣化すれば、やる気ホルモンがみなぎるかも知れませんね。但し継続して習慣化させるには、無理をせずマイペースを心がけるというのが大事なポイントです。短時間で集中して行い、疲労をため込まないように注意しましょう。適度な運動で気持ちよく汗をかくのは、ストレス発散にもなりますよ。

 

 覚悟を決めてのぞむ

目標を達成する為に犠牲にしなければならない何かがあるというのを受け入れるという事です。結局は目的、目標が自分にとってどの程度の覚悟をもてるのかによって変わってくるはずなのです。「ゆずれないもの」は、誰かが決めるもんじゃありません。自分が決めて、すべて自分が責任を負うのです。

 

私が覚悟を決められなかったのは、過去の失敗によるトラウマです。「失敗を恐れてしまっている。」失敗したらどうしよう、やってみた事が全て無駄だったらどうしよう、あれこれ考えて、結局何も行動できなくなってしまっていたのです。

 

目標に向かって進んでいる限り、失敗なんてないんです。失敗があるとすれば、それは「行動しない事

 

リスクを取らずに、成功なんてありえない。失敗を恐れるのと挑戦しないのとは同義ではないのです。私は今までギャンブルばっかりやってきました。でも、たとえばギャンブルだったら、お金を賭けなければ、勝負の舞台に立つ事は出来ないのです。勝負すら出来ないんですよ。勝つ事も、負ける事すらできないんです。

 

いかにも、ギャンブル好きの発言ですが、私はギャンブルを人生の縮図というか教訓として捉えています。ギャンブルばかりの人生でしたが、そこから学べることも多々あるのです。

 

覚悟を決めるのにリスクは伴いますよ、努力した事全てがうまくいくとは限りませんし、想定外って事だって起こるかも知れません。それを計りにかけても目標を達成した

いかどうか?まずはそれを考えて、それが自分にとって「ゆずれないもの」であるならば、覚悟を決めるべきでしょう。

 

覚悟さえ決めてしまえば、なんだって出来るはずです。