ギャンブル幸福論

ギャンブルばかりの人生から一歩踏み出します。

努力が報われなかったら逃げてもいいんじゃね

逃げるのは恥なのか

f:id:san100310:20180402165258j:plain

「逃げてはならない」

「苦労は買ってでもしろ」

「努力と根性」

 

いや~、立派な精神論だこと。

愚痴ばかり言っている、私のようなサラリーマンのおっさんには耳が痛い。

 

日本人って勤勉だと言われます。私は、サボることばっかり考えているような奴ですが、なんやかんやで、周りの人は真面目だなって感じる事が多い。

 

私の親父なんてまさにその典型的な精神論を持っています。

「お前には苦労が足りない」と平気で言ってくるのです。

 

ひと昔、食べるのもままならないを経験したもの。

 

選択肢がなく、封建社会を貧困の中、生き抜くしかないという場面では、精神論はとても有効だったと思います。

 

いや、その精神で何かに取り組み続けれるなら、大抵の事は克服できるでしょう。決してそれが悪いとも間違っているとも言えません。

 

だけどさ、物質的に豊かになって多様化された現在の世の中で、「自分らしく生きたい」と今の生活から逃げ出したい人って実は多いんじゃないですか?

 

こんなはずじゃなかった、だけど「逃げてはならない」 逃げる事は悪い事という価値観が、どこかにあるのではないのでしょうか。

 

私だってそう、サラリーマンという人生から「逃げ出したい」と思っているものの、じがみついているのですからね。

 

なぜ努力しているのに報われないのか

まあ、これを言ってしまうと、その通りなんで悲しくはなります。

 

私は、ある目標を持ってに自分なりに何年も一生懸命取り組んできたつもりだったのですが、失敗しました。

 

ですので努力が報われないという結果に終わったわけです。

 

だけどそれは、何故かと言うと、結局

 

報われるほど努力していない

 

ただ、それだけ。。。はい、論破。

 

私が幼少の頃の夢であった、世界一のホームラン王の努力論。

 

王貞治氏の言葉

「努力は必ず報われる、もし報われない努力があるのならそれはまだ努力と呼べない」

 

だから、王様から見れば、私は努力していないのと同じ。

 

実際、その通りなんだって思います。。。うん、そうだ。

 

てめえの努力なんぞは、その分野で活躍しているお方から見れば、無に等しいのだよ。

 

キヱ~なんだと、コノ野郎!

 

って、なっちゃいますよね(笑)

 

だから、考え方と視点を変えて反論しよう!

 

育ってきた環境が違うから仕方ない

いやねえ、努力なんてのは、それこそ人の視点であって、成功している人って、とんでもない環境で生きてきた人が多いって感じませんか?(まあ、何をもって成功というかはそれこそ人それぞれなので、ここでは置いておきます。)

 

例えば、元ゴリゴリのヤンキーだったり、極貧を経験していたり、ずっといじめられていたり、友達が一人もいなかったり、悪さして刑務所に入っていたりという逸話って特に芸能人に多い気がします。

 

環境とか、誰の元に産まれてくるかなんてのは、本人が選びようがありません。(スピリチュアルの世界では逆に選んで産まれてくるらしいけどね、ここでは置いとく)

 

死ぬ気で頑張らないと生きていけないような環境で育った人の努力、その中で形成されていく強さなんてのは、私なんぞと、明らかにレベルが違って当然です。

 

ブラック企業で、がんじがらめにされている人の精神と、わたしのように大企業のなかで思考停止したまま、社畜として、何年もゆるゆると育てられてきた人間が、「頑張る」っていうのは、全然違うんですね。

 

恥でも逃げたらいいよ

目標に対する努力を人と比べるのはモチベーションになるならいいですけど、上には上がいるので、疲れ切ってしまいます。

 

私が何に努力して失敗したのかは、このブログをご覧になられているなら一目瞭然ですが90%以上が、うまくいかない世界です。

 

それだけ、努力のレベルが必要な世界で、たいして能力もないのに、結果を残せると思ったのは大したもんです。

 

あなたが挑戦している目標や夢は、努力のレベルが圧倒的に高い人達の集まりかも知れないのです。人生の舞台や環境で精神力が自動に鍛えられような奴に私は、とてもじゃないが勝てるとは思えません。

 

そんな奴に勝とうとおもうのであれば・・・

 

本当に努力が報われたいのなら、人生の中に、困難や修羅場を取り入れる、それこそ苦労を買ってでもする、それでやっとスタート地点に立てるという。。。

 

だけど、今から極貧生活を経験したり、ヤンキーになるのは意味なしですよね(笑)

 

私は、超絶波乱万丈の人生を経験したいとは思っちゃいません。

 

だから、自分が出来る範囲で、自分の努力レベルでも目標達成出来る確率が高い場所を選んだらいいと思うのです。

 

「死にたい」って、なる位なら、恥だろうが、かっこ悪かろうが逃げたってかまわないんじゃねえの。

 

才能に溢れた方の努力論

為末大(ためすえだい)氏、元プロ陸上競技選手で、400mハードルの日本記録保持者、トップアスリートの一人ですね。

 

「諦める力」本を執筆されており、その道を極めた人だからこその、努力論です。

 

「人生の前半は努力すれば夢は叶うでいい。でもどこかのタイミングでそれを客観視しないと人生が辛い」

 

「努力は報われるはず→叶わない自分→原因は努力不足。努力原理主義を抜けられなかった人は、こんな自分を許せず何かを呪って生きていく。

 

「成功をある程度確率が高いものにおくのであれば、努力すれば叶うと思う。でも五輪選手になるとか、かなり少ない席の話であれば誰でもできるわけではなくて、才能と、環境がまず重要。そのスポーツをやる環境に生まれた事が努力よりも先にくる。」

 

このようにおっしゃています。

 

五輪選手であった為末選手は、世界を目指し、私には到底考えられない程の努力をずっと続けてきたのでしょうね。才能に恵まれた上、努力を続けた為末選手であっても、世界という超えられない壁があった。

 

もし、世界一になるのが夢なのであれば、夢破れたということになる。

 

努力が全てではない。

自分の才能を活かす客観的な視点を持てという事だと私は捉えます。

 

自分の才能、好きなことは、やってみなければわかりません。まずは、行動してみましょう。努力はその後でいい。そして、努力して駄目だったら逃げてもいいじゃないの。何もやらないで悩むよりはよっぽどいいんじゃない。

エイプリルフールなので嘘について考えてみた

f:id:san100310:20180401114137j:plain

嘘をついたことのない人はいないだろう

私は、本音と建前というのが嫌いです。だからと言って本音だけで生きていたら、そりゃもう大変な事になります。生き辛くて仕方がない。よく本音で生きた方が楽だという方がおられますが、そんな人は超越しているのであって、私のような弱気な人間から見れば、共感し難いのですよ。まあ、建前と嘘がイコールだとは言いませんがね。

 

「嘘も方便」というように、全ての嘘が悪いとは思いません。

 

だけど、やっぱり出来れば嘘はつきたくないです。

これは嘘じゃないですよ(笑)

 

嘘の何が悪いのか

嘘というのは事実と違うから嘘になる訳ですよ。だけど、人の視点は違う訳なんです。例えば、釣り好きが集まって大きな魚を釣り上げた話になったとします。自慢したい時には、

【2mの鮪を釣ったことがあるんだぜい】

 

と、ドヤ顔をしたとします。

 

実際には計ってなくて180cmなのかも知れません。だけど、本人は嘘をついている自覚なんて全くないわけですよ。大きな魚を釣った事があるってのを表現したかったに過ぎないんですよね。釣った本人にとっては、2mな訳です。嘘じゃないんです。

 

さて、これは嘘なのか、そして悪なのか。。。

自慢って承認欲求でもあるので、ちょっと盛ってしまったりするもんですね(笑)

別に本人は嘘をついてやろうなんて思っていないですよね。

 

お笑い芸人が、話を面白くする為に、盛るなんてよくあるでしょうね。この嘘って悪い事なのでしょうか?

 

私の認識で嘘は悪いことと捉えています。だけど、よくよく考えると、むしろ嘘が善になる時だってありますよね。

 

年配の方に、ましてや女性に「若く見えますね」というのと「老けて見えますね」というのでは雲泥の差です。(恐ろしいレベルだな)

 

入院している方に、「顔色がよくなったね」と元気づけるのは悪でしょうか。

 

嘘は使い方によって善にも悪にもなる

「嘘は絶対に駄目」という正義感の塊みたいな人っていますよね。だけど、なんだか堅苦しいです。

 

正論ばかりを述べる人って、その場の言い争いには、ひとまず勝利しますが、結果嫌われて「あの人はたしかに正しい」けど・・・

 

けど、「人の気持ちが分かっていない」というように、だけど、でも、といった反論を受けてしまう事になり兼ねないのですね。

 

だからと言って嘘はついても良いには、なりませんが、正直や正論だけでは生きづらい世の中なのは間違いありません。

 

笑ってすむのなら嘘も許していいと思う

誰かを不幸に陥れる、嫌な気持ちにさせる嘘は全面的に悪いと思います。

 

だけど、誰かを楽しい思いにしたり喜ばせる為の嘘であれば、ついたって構わないのだと少なくとも私は思っていますし、それを嘘という感覚で使ってはいません。

 

ただね、嘘ってバレたら意味ないです。というか、信用を失いますからね。だから、あまり軽々しいのも問題です。

 

嘘ばっかりついていたら、知らぬ間に自分の感情にも嘘をつき始め、何が本当で何が嘘なのか、訳がわからんようになっちまいますから。

 

わしの人生、嘘のかたまりじゃねえのかって思えてきたしな。。。

 

嘘・洗脳・マインドコントロールを学べば人の心理がわかる

嘘だとか催眠術であったり、洗脳や自己暗示、いわゆる心理学を学べば、そのメカニズムに触れる事が出来ますし、人を喜ばせる善にも傷つける悪にも使えてしまうのです。

 

そして、自分が悪に騙されない為に、そのメカニズムを知るというのは生きていく上で重要だと私は考えています。

 

まあ、何もかも疑ってかかれというのも、生きづらくなってしまいますけどね。

 

私は、努力が足りないのを運のせいにしたり、スピリチュアルに逃げようとしたのも、ある種、嘘と洗脳を受けやすい心理状況だったというのを知り、あらためて自分の学びの低さを思い知らされました。

 

人を喜ばせる為の嘘、相手を笑顔にできるなら、それもまたよし(笑)全部嘘さ、そんなもんさ、エイプリルフールという事で、全ては本当で嘘かもね。

 

私は何がしたくて何ができるのか

f:id:san100310:20180401001929p:plain

頭の中がごちゃごちゃで自分を理解していない

あなたは、今人生において明確に「何をしたい」という目標がありますか?

 

自分の生き方や信念にブレのない人は素敵だと思いますし、「何かを成し遂げられる」人なのでしょう。

 

かくいう私は、ブレブレです。いや、一応でした、と言っておこうっと。。。

 

はっきり言って私の思考は漠然としています。元にあるのは「お金を稼ぎたい」なのですが、全く具体的ではありません。そもそも「お金を稼ぐ」だけなら現実的に出来ています。なぜなら私は、しがないサラリーマンですからね。

 

問題は、いくら稼いで、何がしたいのかという事でしょう。朧気ながら、私は会社の収入だけでは満足していません。生活は出来ますが、精神的に余裕のある生活とは言えませんし、不安なのです。

 

ですので、会社以外からの収入を得たいというのが、現在のやりたい事なのです。だけど、私のようにどうやったらギャンブルで楽に儲けられるかばかりを考えてきた人間にとって、何をどのようにしたらいいのか見当もつかないのです。

 

どうすれば稼げるようになるんじゃ

自分で考えても、どうしようもなく、すぐに壁にぶち当たりました。そして、ネット徘徊し、楽に稼げる系の情報をまずは仕入れるんですけど、全く稼げませんでした。

 

一時的に稼げるってパターンもあったのですが、それって本質的に自分が稼ぐ力を身に着けたって訳じゃないです。やっぱり結局自分が稼ぐスキルを身につけなければ、意味はないという所に辿り着くのに、けっこうな時間がかかったのです。

 

そして自分の信念が無い以上、ちょっとやって駄目なら、もっと良い方法がないのかってすぐに次の情報を探すんです。いわゆる、ノウハウコレクターって奴ですね。

 

そこに自分なりの考えはなく、ただただ楽に稼ぎたいという典型的な駄目人間の思想ですね。私という人間は根本が腐っているんですね。トホホ。。。

 

メンターを信じ切れていない

実際に稼いでいる人から教えて貰うのが、手っ取り早いと思いますし、自分の理想を既に実現している方がいれば、模範にすればいいと思うのです。

 

だけどね、結局情報と同じで、もっと凄い人なんてわんさかしているんです。そして、少しうまくいかなかったり分からなかったら、メンターのせいにしてしまうんです。

 

あっ、やっぱ俺とは価値観が違う

 

正しくないんじゃねえの

 

ってね・・・自分じゃ何にも出来ないくせに、自己判断をしてしまうんですよ。なんとも滑稽な話ですね。

 

もちろんメンターだって色んな方がいるだろうし、全てが正しいとは言いません。だけど自分が信じて付いて行こうと決めたのであれば、最低1年は忠実に教えを守るってのが大事でしょうね。明らかに自分の求めているものではないと感じたのであれば、その限りではありませんが、少なくとも自分が選んだという責任を持てるようにならなければ、先には進めません。同じ事の繰り返しになるだけです。

 

自分の心に嘘をつくのはやめにしよう

私は本音と建前ってのは好きじゃないのですが、人生本音だけじゃ、生き辛いって面もありますので、致し方無い部分はあります。ですが、自分の心まで建前は必要じゃありません。

 

私の場合、何か人の役に立ちたいという想いは嘘ではありませんが、前提として「お金を稼ぎたい」なのです。

 

お金・お金と言うと、ヤラシイ奴と思われたくなかったり、お金を稼ぎたいと言っているのに稼げていないのはダサいという感情がはしり、「お金を稼ぎたい」を隠してしまうんですよね。

 

だから、むっちゃ稼いでる人を見たら、羨ましく思っているのに、「人生はお金じゃない」「稼がなくても自分の仕事に誇りをもっている」とかなんとか言って自分の感情に蓋をしてしまうんですよ。

 

本当は、お金が欲しくてたまらないのにね(笑)

 

口では「楽して稼げるとは思っていません。」とか、「覚悟を決めた。」って言うんですけど、結局続けられないんですよ。これは私そのものなんです。いや、でしたと言っておきましょう。今は、考え方ちょっと変わったからね。

 

1年間がむしゃらにやってみる

お金を稼ぐ方法って別に一つではないですし、何が正しいというのも視点によって変わりますから、方法も人によって様々でしょう。だけどとにかく、自分がどうやって稼ぐかを決めたら、もうそれだけに集中すると決断するのです。

 

お金を稼ごうとしても稼げないのは、自分の芯がなくブレているからです。

 

だから、

「やっぱこれは向いてないな」

「この人の方が共感できるな」

「もっと稼げる最新の方法があるらしいよ」

と、ブレブレになるんです。

 

そんなこっちゃ何一つ身にならんのです。

 

まさに、私サンペリドンそのものです。いや、でしたと言っておこう。何故なら私は、会社以外から収入を得れるようになっているからな。(雀の涙だけど、まあいい)

 

感情のブレを失くす為に

本気で稼ぎたいのであれば、

・どのような稼ぐ方法があるのかを知る

・自分ができそうなものを選択する(実際にやってみないと分かりませんが)

・自分の空き時間の全てを学びにぶつけてみる

 

という事が出来れば1円も稼げないという事はないはずです。

 

自分が稼ぐ方法を決めて、既にその分野で成功している方をメンターとして、徹底的に吸収してやる・・・1年は黙々と継続しましょう。自己判断するのは、それからで充分です。

 

お金を稼ぐ目的をはっきりとする

なんとなく稼ぎたい・・・では、やる気を保てませんし、それこそすぐに諦めてしまうでしょう。

 

ただただお金が欲しいというだけじゃ、我慢できないし、少し嫌な事や分からなかったら、続けるなんて無理でしょう。

 

いくら欲しくて、何の目的があるのかは、明確にしておいた方が、モチベーションが続きやすいはずです。

 

会社以外で収入を得て、私のような駄目人間でも稼げるようになった所を見せるのが目標の一つです。誰かのほんの少しの勇気に繋がれば嬉しいです。

 

 

 

 

メンターは本当に必要なのか

f:id:san100310:20180327120455j:plain

メンターとは何ぞや

メンターって何だ・・・

美味しいの?・・・

 

まあ、私なんぞは、そんなレベルでしたね(笑)

 

広い意味での良き指導者って事です。私は、そもそも何が正しいかなんてのは人の主観で変わるものだし、何を偉そうにほざいとるんだと思っているような馬鹿人間ですから、指導者とか恩師とかいう言葉さえ嫌いでした。

 

メンターというのは、自分の可能性を引き出してくれる存在と位置づけするのが、私にとってしっくりときます。

 

そして、そのメンターを見つけるというのは人生に大きく影響します。

 

メンターを見つけるのは成功への第一歩

私は、元々勉強が大嫌いです。そして先生に対しては、なんでそんなに偉そうに言われれなきゃいけないの・・・としか思っていませんでした。

 

だから、先生に対しては、いつも否定でしたし、粗探しをしては攻めるという何とも煙たい人間でした。

 

こんな奴ですから、誰かを尊敬するとか、敬うという概念さえなかったのです。

 

だけどね、今ならはっきりと言えます。自分の人生を豊かでより良いものにするには、メンターを見つけるって、重要な事だなって。

 

何故、メンターが重要だと言えば、人生には学びと成長が不可欠だからです。

そして何故人生に、学びと成長が必要かと言うと、『幸せになるため』です。

 

もちろん幸せに定義はありませんので幸せの形は人それぞれです。ですが全くの学びのない人生は存在しませんし、学びが全くなければ、自分が幸せかどうかの判断さえ出来ません。

 

完璧な人間など存在しない

この世で、失敗を経験していない人はいませんし、完璧な人間なんて存在しません。完璧だとしたら、それは人間ではありません(笑)。そんなアタリマエを、私は逆手に取って指導者の事を毛嫌いしていました。

 

メンターとて、完璧ではないので間違った事を言う場合もあるでしょう。メンターの不完全な部分をどう捉えるか・・・まずは、受け入れるという姿勢が大事ではないでしょうか。

 

それを考えるのもまた、成長に繋がるのですね。

 

メンターは1人でなくても良い

何かを目標とし、その目的に沿った別々のメンターを選ぶのが最善だと私は考えています。そりゃそうですよね。

 

例えば、英語を話せるようになりたいのに、体育の先生に教わるのは、かえって遠回りになるどころか、全く前に進めないでしょう。

 

人生の指針としてのメンター、目標別のメンター、何人いたっていいでしょう。そして、自分にとってよりよいと感じる出会いがあれば、メンターに固執する必要だってないのです。

 

メンターをどうやって選ぶのか

メンターとは自分の可能性を引き出してくれる存在と位置付けていれば、世の中にメンターは、たくさんいると感じるでしょう。

 

ですので、自分が尊敬できるという部分を持っている人をメンターにすればいい。ただそれだけです。悪い所が、たくさん目についても、この人のあの部分は、私にとって感動的に尊敬できるのであれば、「良いと感じる」部分だけをメンターにすればいい。

 

メンターと言っても、何も近くで指導してくれる人の事だけを指しているわけではありませんからね。

 

心の師でもいいし、共感した本の著者でもアリですし、そこから様々な学びがあれば、人生は豊かなものになります。もちろん、身近な人でも良いのです。目上とか目下なんてのも関係ありません。

 

目標に対するメンターの教えは忠実に守る事

メンターをどのような基準で探すのかと言えば、自分がどうなりたいかを、既に成功している方に教えてもらうのが一番でしょう。そしてどれだけ心を揺さぶられたか。最後は心から信じれるのか。直観でもかまいません、それが学びのきっかけとなるのであればね。

 

私であれば、ギャンブルばっかりやっていたんですが、勝ちたければ、まず勝っている人を探せって事ですね。実際、パチンコで勝てるようになったのは、勝っている人が身近にいて、そこから学ぶ事ができたからです。

 

逆に競馬では、失敗に終わったのですが、勝っている人から学びきれなかった。自分の求めるものが無かった。ですから、自分の理想を求め、自己流の何かを発見しようとしたのです。もう、ギャンブルの興味は失せたので、今更どうでもいいですが、こんなギャンブルの世界でも、メンターって重要だと思ったのです。

 

現在の私であれば、まずは会社以外からの収入を得る方法を実践し、稼げるようになるというのが、身近な目標です。

 

その為には、実際に稼いでいて、私が尊敬し信じれるメンターから学ぶのが成功の近道だと言えるのです。

 

実際には、会社以外からの収入が欲しくて自分なりに色々試してはみたのです。それでも全然結果がついてこないんです。

 

だからね、自分がメンターと決めたなら、とにかく信じて教えを全て忠実に守るのです。正しいとか間違っているという判断をする必要はありません。

 

自分が判断するのは、まだまだ先の話。もちろん、自分の考えをしっかり持つ、考えるというのは大事な事ですが、その前にメンターの教えを忠実に守る事。

 

それが成功へ近づくのだと思います。何を持って成功と判断するのも人それぞれではありますが、自分が成し遂げたいことを既にやっている人がいるならば、その人から学ぶのが、おススメです。さもなくば、自分だけで切り開く道は、あまりにも険しいのです。私が、競馬で勝てなかったように。。。

 

私には、メンターと呼べる存在はいませんでした。今は尊敬するメンターから学んでいます。人生にとって、より良い指針になるメンターは貴重です。感謝。